翻訳種類

        翻訳は種類から分けると大体ビジネス、政治、技術と文学四種類が分けられます。一般的には、翻訳の過程は原稿を正確に理解し、創造性のある言語以外の外国語で原文を再現する過程であります、またその過程は三段階を分けられます:1、原文理解段階;2、表現段階;3、校正段階。翻訳者に要求に対しては、まず多方面の素質、例えば母語と外国語の把握程度、豊かな基礎知識と関連専門知識、最後には理論知識と素質にもとても重要であります。

品質管理

サービス言語

お見積もりのご依頼
お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

お客様情報

品質管理

お客様のニーズを考慮した2つの仕上げレベル

詳細情報の確認や打合せなどを十分に行い、お客様のご要望に沿った翻訳品質の訳文をご提供します。文書のご使用用途や、お客様のご予算に限りがある場合などを考慮し、2つの仕上げレベルをご用意しています。

通常仕上げ

文書の使用用途に 合わせた高品質翻訳

簡易仕上げ

コストとスピードを優先内容確認用に最適

校正・校閲の2段階チェック

通常仕上げの場合、翻訳の後、校正・校閲の2段階のチェックを設けることで、品質管理を徹底しています。校正者、校閲者のダブルチェックにより、1次翻訳者の誤訳・訳抜け・用語の統一等のミスを洗い出し、さらに訳語や言い回しのブラッシュアップをすることでより洗練された訳文を完成させることができます。また、制作プロセスの中で必ず専門のネイティブチェックが入りますので、自然な訳文に仕上がります。

外国語翻訳における校正プロセス
翻訳→校正→レビュー→品質確認→完成品
中国語翻訳以外の校正プロセス
翻訳→校正→母国語→品質確認→完成品

御見積依頼内容

時間 分 ~ 時間

お客様情報

御見積依頼内容


価格優先、内容要件は理解することができます
本物の原文、直訳
理解しやすく、翻訳することができ、最終翻訳はそれ自身で修正されます
対象読者の表現習慣や使用地域と組み合わせて、記事の構造や形式を調整します。

お客様情報